小児鍼灸

●小児鍼とは…お子様の健やかな成長のために~

小児鍼は、刺さない鍼。気持ちのよい鍼です。
0歳児から小学校高学年くらいのお子様のために、

全く鍼を刺さないで、なでるようにしていく治療法です。

‘鍼’という名称がついていますが、刺さない鍼が、

「小児鍼」です。

●小児鍼がなぜ効くのか?

刺さない鍼による皮膚刺激が、自律神経を通って脳や脊髄を伝わって、

内臓の働きを活発にし、抵抗力のある身体づくりを促進させます。

鍼灸は薬のような副作用がありませんので、お子さんに安心して治療を受けていただけます。

●対象年齢

生後3ヶ月~小学校高学年くらいまでのお子さんに治療しています。

中学生のお子さんを治療したケースもございます。

 

小児鍼は主にこんな症状に効果があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○疳の虫:夜泣き ○寝つきが悪い ○おねしょ ○下痢・便秘

○食欲がない ○体調がすぐれない ○噛み付く ○(キーキー言う)

○集中力がない 

○風邪症状(風邪を引きやすい・熱が下がらない・鼻水・咳)

○アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎・小児喘息・アレルギー性鼻炎・花粉症など)

●赤ちゃんの場合

赤ちゃんの場合、小児鍼を定期的に受けておりますと、

症状の改善だけでなく、自然治癒力がついてきます。

食も安定して成長がスムーズになったり、

風邪を引きにくくなり、風邪を引いてもこじらせる事が少なくなり、

夜泣きも少なくなるので、睡眠も安定してきて、

スムーズな成長を導いてあげる事ができます。

●小児のお子さんの場合

落ち着きのないお子さんの場合は、性格的なもの意外に、お腹の不調や、体調不良で起きている事も少なくありません。

言葉に出来ない不調を小児鍼で調整してあげることで、落ち着きを取り戻すことが多くあります。

定期的に治療をされていると、身体や頭の発育にも良いです。

●学童期のお子さんの場合

小学校に入ると交友も増え、知らず知らずに周りへの緊張を内に溜め込んでしまうことも多くなるものです。

習い事も重なってくると、より多くのストレスを抱えてしまう事になります。

小児鍼はリラックス効果も高いので、定期的に治療を受けることで

肩こりや障害もなくなり、勉強などへの集中力がつきますので、学習効果もあがります。

・お子さんの寝つきが良くなった

・お子さんが穏やかになった

・食が細かったが、よく食べるようになり、それと共に活発になった。

・夜尿が少なくなった

・便秘が治り、機嫌が良くなった

・中耳炎にかかりにくくなった

●受診料

●1500円(税抜) (中学生¥2500・高校生以上は大人料金です。)

※初回のみ初診料1500円がかかります。

 

・・・ご予約優先制です。 →ご予約はこちらから。

●治療時間と回数について

小児鍼はとても効果があるものですが、大人と異なり小児(5歳以下)は脈診などの判断材料が少ないために、治療を重ねながら治療内容を調節する事になります。

治療時間は、年齢や体格によって違いますが

●幼児は5~10分

●小学生は10~30分 程で終了します。

 

※幼児は特に軽い刺激から始めますので、3~5回連続で通院してください。

 (毎日がベストです)

※体質改善のためには、1ヶ月に1回、定期的に行うのが望ましいです。

※病気の症状、身体の状態によって治療効果は個人差があり、

 治療頻度・治療回数は異なります。

 

 

●お母さまもご一緒に

子育てがうまくいかず、

イライラしたり悲しくなったりした事はありませんか?
保護者の方の子育ての不安や疲れなども、

お子さんの体調に影響を与えます。

保護者の方の精神・肉体的な疲れを改善すれば、

お子さんの症状が安定することも多々あります。

そのような場合、保護者の方も、お子さんと平行して(できれば、お子さんの治療日と違う時間にゆったりと) 治療をお受けになる事も、ひとつの改善策です。

一度ご相談下さい。